【美容製品】アフィリエイトを始める前に・・・

美容製品のアフィリエイトは、広告主(商品販売者)を株式会社マインドエッジ、
ASPを株式会社インターナルとするプログラムです。


美容製品の広告に関する法律上、記事の内容によっては犯罪になる可能性があり、事前に発見した場合は削除・修正を依頼することもあります。
アフィリエイトプログラム規約をよくお読みいただき、規約に沿った形でアフィリエイト報酬獲得を目指しましょう!

インターナルアフィリエイトプログラム利用規約

記事を書く際の注意

このページでは、美容製品を広告するにあたって、特に気をつけなければならない 「景品表示法」「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」について
ご説明しています。記事を書く際には必ずご確認いただきますようお願いいたします。

【景品表示法】実際よりも製品の品質や価格・取引条件が良いかのように書くのはNGです。

アフィリエイトでは、成約率を高めるために日々サイトの見た目や記事の追加・修正を行っていく人も多いかと思います。 そんな中、記事の追加や修正を行う度に内容が過激かつ誇張・創作されたものになっていくこともよくあります。

製品では実現できないことをできるかのように書いたり、実際の機能よりも著しく優れているかような印象を与える記事は、景品表示法の優良誤認表示に当たります
また、不当な二重価格表記などは同法律の有利誤認表示に当たります

これらの行為は景品表示法等の違反になりますので絶対に書かないようお願いいたします。


NG例として、以下の表をご参照ください。

表示している内容 実際
キャンペーン等により、商品をお得に購入することができると表示 キャンペーン等の期間が終了しており、商品を安く購入することができなかった
専門誌等で多数紹介された人気商品と表示 実際は専門誌等で紹介された実績はなかった
◯◯◯という機能を搭載していると表示 実際は搭載されていない機能だった

NG例は、あくまで一例であり、景品表示法の違反に当たる表示は上記だけに限られません。


景品表示法に関する詳細やお問合せは下記リンクをご覧いただくか、消費者庁の窓口などでご確認下さい。

  • 景品表示法に関する消費者庁のページはこちら
  • 景品表示法に関する消費者庁のガイドライン(pdf)はこちら

【薬機法】美容機器や健康食品などの広告表記には十分お気をつけ下さい。

美容機器や化粧品、サプリメントなどの健康食品については、薬機法による広告表現規制を意識する必要があります。
医薬品、医療機器ではないにもかかわらず、それらと同等の効果効能を記載した場合、医薬品、医療機器と
誤解させてしまうため、薬機法違反となります。

医薬品、医療機器と誤解させてしまう効果効能の表現として、以下のようなものが挙げられます。

  • 病気の治療や予防を意味する表現
  • 身体機能などを向上、促進させるような表現
  • 上記を匂わせる・連想させるような表現
  • 美容機器の標ぼうとして、効果効能の範囲を逸脱している表現例については、以下をご参照ください。


    違反・不適切な表現例 理由
    肌のシワがなくなる、改善される シワを解消する効果は美容機器として認められません。
    肌や顔のたるみをリフトアップ、
    引き締める、シェイプアップ、痩せる
    顔痩せの効果は美容機器としては認められません。
    ◯年前や若々しい等の若返り表現 素肌等の若返り効果は美容機器として認められません。
    肌の老化防止、細胞組織の活性化 素肌等の老化防止や細胞の活性化は美容機器として認められません。
    肌の殺菌、ニキビの改善 殺菌効果や、ニキビの改善効果は美容機器として認められません。
    むくみ解消、血行促進、新陳代謝の活性化、 水分、老廃物の排出 身体の構造機能に影響を与えるような表現は認められません。
    シミ、そばかすの改善、くすみ、黒ずみの改善、美白効果 シミ、そばかすを消すような表現や、美白、ホワイトニング効果は美容機器として認められません。
    ※「くすみ」「黒ずみ」については、それらが「汚れ」であると明記している場合は仕様を認められますが、
    治療や予防、「くすみ」「黒ずみ」そのものがとれるような表現は使用できません。
    肌の深部まで浸透、改善 肌の深部への作用表現は美容機器として認められません。
    ※表皮の角質層への効果表現は差し支えありませんが、損傷部位の回復(治療的)などの表現は認められません。

    美容製品は、単に美容(洗顔や化粧品を塗る動作の代用程度)を目的とするもので、薬機法における「化粧品」の定義に基き、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌をかえ、又は皮膚もしくは毛髪を健やかに保つための、人体に対する作用が緩和(身体(肌を含む)の構造に影響を与えない)なものをいいます。

    標ぼう可能な効能効果の範囲は、事実に基き、化粧品の効能効果の範囲内にとどめる必要があります。
    詳しくは日本化粧品工業連合会発行の「化粧品等の適正広告ガイドライン」をご参照ください。
    また、表現に迷った場合は、アフィリエイト対象美容製品の商品ページ内の表現をご参考いただいても構いません。


    美容関連製品などの記事を書く際には、薬機法に違反しないようお願い致します。

    • 日本化粧品工業連合会 化粧品等の適正広告ガイドライン(pdf)はこちら
    • (参考)日本化粧品工業連合会 http://www.jcia.org/n/

    • 薬事法の詳細や不明点につきましては各所管轄都道府県の所管の担当までお願い致します。

    PDF形式のファイルについて

    PDF形式のファイルを閲覧するためには、Adobe Systems Incorporates(アドビシステムズ社)から無償配布されているAdobe®Reader®が必要です。

    • Adobe®Reader®はこちらからダウンロードいただけます。