特定商取引法に基づく表示 | サイトマップ | 会社情報 | 採用情報
製品情報 サポート ショップご案内 サービス アフィリエイトプログラム

MPX サポートページ

MPXパケットスパイでストリーミングURLが検出されない

対処方法

考えられる原因とその解決方法は、以下の通りです。

WinPcap がインストールされていない
MPXパケットスパイの動作には WinPcap というソフトウェアが必要です。詳しくは MPXパケットスパイが利用できない をご覧ください。
適切なデバイス(ネットワークカード)が選択されていない

パケットスパイは、「ネットワークカード」と呼ばれる、LANケーブルを接続する為の部品を監視し、そこで行われる通信から URL を検出しています。
そのため、パケットスパイの環境設定(パケットスパイ画面のメニューから【ツール】→【パケットスパイ 環境設定】)のデバイス設定にて、[WinPCapで監視するデバイス] を適切に設定して頂く必要があります。

パケットの調査方法

もし、間違ったネットワークカードを選択していると、URL を検出する事はできませんのでご注意ください。
適切なネットワークカードは、お客様のお使いのPC環境によって異なります。

環境設定画面にて [WinPCapで監視するデバイス] が複数ある場合は、以下の手順にて設定するデバイスをご確認頂けます。

  1. MPXを起動し、画面上部の【サポート】→【自動試験】を選択します。
  2.  

  3. 自動試験が開始され、結果が表示されますので、下図のように
    「自動試験の結果をコピー」ボタンをクリックし、情報を一時的に記憶します。
  4. パケットの調査方法

     

  5. コピーした情報をメモ帳などに貼り付けて、情報を確認します。
    自動試験結果の「WinPcap」という項目を確認し、下図のように
    「パケット検出試験を行います」の下の項目を確認します。
  6. パケットの調査方法

     

  7. 【送信検出】【受信検出】ともに「成功」と表示されているものがご利用頂けるデバイスとなります。
  8. パケットスパイの環境設定(パケットスパイ画面のメニューから【ツール】→【パケットスパイ 環境設定】)のデバイス設定にて、
    [WinPCapで監視するデバイス]を送受信に成功しているデバイスに設定します。

稀に、パケットスパイ環境設定画面で選択できるネットワークカードの欄が空になっている事があります。(選択できない状態)

この場合、ネットワークカードが1つも入っていないか、入っていても対応していない、などの理由が考えられます。

ネットワークカード(もしくはPC)付属のマニュアルをご覧いただき、
ネットワークカードのドライバのアップデート、再インストール等をおこなっていただくか、
対応ネットワークカードのご購入をご検討ください。

検出レベルが低く設定されている

検出レベルを高くする事で、URLが検出できるようになる場合があります。

MPXパケットスパイを開き、メニューから [ツール] → [パケットスパイ 環境設定] を開いてください。左側のリストから [検出レベルの設定] を選択して表示される設定項目にて [全般] を [全て検出] に設定してください。

右下の「OK」ボタンを押すと、検出レベルの設定が完了します。

ファイルが圧縮されている

インターネットオプションで、HTTP1.1を無効にすると、圧縮などが無効になり、検出できるようになる場合があります。

お使いのブラウザの[ツール]、もしくは[コントロールパネル]から[インターネットオプション]→[詳細設定]タブを開きます。

[HTTP1.1設定]で[HTTP1.1を使用する]のチェックを外し、[OK]をクリックしてください。

特定のサイトだけ検出できない

ウェブサイトの中には、こういった URL 検出プログラムへの対策を施している場合があり、そういったサイトでは正常に URL が検出できない事がございます。MPXパケットスパイはほぼ全てのウェブサイトに対応しておりますが、お客様のPC環境によっては、やはり検出できない場合があるようです。

こういった特定の環境下で発生する問題は、弊社では確認が難しいため、対応ができない場合がございます。そのような場合、お手数ですがこちらのメールフォームからお問い合わせください。また、その場合、お客様に確認作業へのご協力をお願いする事がございます。

自動試験について

MPX 最新版では、お客様の問題の原因を特定する為の「自動試験機能」が追加されています。原因特定のために、お問い合わせの際は自動試験の内容をメールに貼り付けてお送りください。以下は、自動試験ご利用の手順です。

  1. まず、MPX を最新版へバージョンアップしてください。
    MPX 最新版のダウンロード
  2. MPX を起動してください。
  3. 上部メニューから [サポート] → [自動試験] を選択してください。
  4. 自動試験が開始するので、画面の更新が終わるまでしばらくお待ちください。
  5. 試験が終わったら、下部「クリップボードにコピー」ボタンを押してください。
  6. こちらのメールフォーム、もしくはsupport@internal.co.jp宛てにメールを作成し、本文に試験結果を貼り付け、どのような問題が起こるのかをご明記の上、お送りください。

※MPX®は株式会社インターナルの登録商標あるいは商標です。その他の商品名、サービス名は各社の商標です。


DRM解除ソフト ムービーグラバー


YouTubeやFC2動画、有料動画サイトや視聴期限付き動画ファイルのデジタルキャプチャー録画なら全部ムービーグラバーにお任せ!
⇒ 最新版ムービーグラバー5はこちら