特定商取引法に基づく表示 | サイトマップ | 会社情報 | 採用・求人
製品情報 サポート ショップご案内 サービス アフィリエイトプログラム

隠しファイル・隠しフォルダを表示する方法


不用意に変更しない方がよいファイルやプログラムの設定ファイルなど、
PCをご購入時の状態では表示されない設定になっているフォルダやファイルがあります。

お探しのファイルが見つからない場合は、本手順に沿って隠しファイル・隠しフォルダの表示設定を行いましょう。



Windows7の場合


  1. Windowsのスタートボタンを押してください。


  2. 表示されたメニューから「コントロールパネル」を選択します。


  3. 「コントロールパネル」のなかの「デスクトップのカスタマイズ」をクリックしてください。


  4. 項目「フォルダーオプション」にある「すべてのファイルをフォルダーを表示」を選択します。


  5. 表示されたフォルダーオプションの「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に
    チェックを入れて、「適用」をクリックしてください。


  6. 設定が適用されたら「OK」を選択して、設定完了です。



Windows8.1の場合


  1. Windowsのスタートボタンを押してください。


  2. メニュー右上の虫めがねのマークを選択します。


  3. 検索窓に「コントロールパネル」と入力して検索を行い、「コントロールパネル」をクリックしてください。


  4. 「すべてのコントロール パネル項目」から、項目「フォルダーオプション」を選択します。


  5. フォルダーオプションが表示されたら、「表示」タブをクリックしてください。

    一覧から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に
    チェックを入れて、「適用」をクリックします。


  6. 設定が適用されたら「OK」を選択して、設定完了です。



Windows10の場合


  1. Windowsのスタートボタンの上にカーソルをあわせ、右クリックをします。
    表示されたメニューから「エクスプローラー」をクリックしてください。


  2. エクスプローラーの「表示」タブをクリックして、表示された「オプション」をクリックします。


  3. フォルダーオプションが表示されたら、「表示」タブをクリックしてください。

    一覧から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に
    チェックを入れて、「適用」をクリックします。


  4. 設定が適用されたら「OK」を選択して、設定完了です。


※当店の価格は特段記載がない限り、全て税抜表示です。