特定商取引法に基づく表示 | サイトマップ | 会社情報 | 採用・求人
製品情報 サポート ショップご案内 サービス アフィリエイトプログラム

ショートカットキー一覧(便利活用法をご紹介)

ショートカットキーについて

ショートカットキーを押すと、わざわざ右クリックメニューを表示したり、メニューから項目をたどることなく、色々な操作を行う事ができます。

つまり、ショートカットキーを覚える事で、マウスを使わずにキーボードだけで、色々な操作をすばやく行う事ができるようになります。

Ctrl + Z」と書いてある場合、「Ctrlキーを押しながら、Zキーを押す」という意味になります。

Ctrl + Alt + Delete」だと「CtrlキーとAltキーを押しながら、Deleteキーを押す」という意味です。

ショートカットキーは作業をすばやくキーボードから行う為のものですので、全てを覚える必要はありません。

ほとんどの操作はマウスでも行う事ができます。

ショートカットキーの重要性

最近ではほとんどの仕事はパソコン上で行われるようになっています。仕事の速度を速くするには、PC操作自体を速くすることも必要になってきます。

外資系企業のある会社では、PCをマウスで操作していると馬鹿にされる、査定が悪くなるそうです。

いくつかのキーボードのショートカットを知っているだけでも、PC作業の生産性は簡単に向上することができます。このページを参考の上、是非身につけてみてください。

一般的なショートカットキー

色々なコントロールや、Windowsを操作する際に利用できるショートカットキーです。

ショートカットキー 操作 説明
Ctrl + Z 元に戻す 最後に行った操作を行う前の状態に戻します。
Ctrl + X 切り取り 選択している部分をクリップボードにコピーした後に削除します。
Ctrl + C コピー 選択している部分をクリップボードにコピーします。
Ctrl + V 貼り付け クリップボードにあるデータを入力します。
Delete 削除 選択している部分を削除します。ファイルの場合ゴミ箱に入れられます。
Shift + Delete 完全に削除 選択している部分を完全に削除します。ファイルの場合ゴミ箱に移動せずに削除されます。
Ctrl + A すべて選択 内容をすべて選択します。
Ctrl + 前の単語へ移動 前(左)の単語の頭へ移動します。
Ctrl + 次の単語へ移動 次(右)の単語の頭へ移動します。
Ctrl + 前の段落へ移動 前(上)の段落へ移動します。
Ctrl + 次の段落へ移動 次(下)の段落へ移動します。
Shift + 方向キー 選択 リストの場合複数の項目を選択できます。エディットの場合選択しながら移動します。
Home 行頭へ移動 現在の行の行頭(行の始め)へ移動します。
End 行末へ移動 現在の行の行末(行の終り)へ移動します。
Ctrl + Home 最初へ移動 文章の一番最初へ移動します。
Ctrl + End 最後へ移動 文章の一番最後へ移動します。
PageUp 前のページ 前のページへ移動します。
PageDown 次のページ 次のページへ移動します。
Shift + クリック 複数選択 最後に選択していた項目からクリックした項目までの間にある項目を複数選択します。
Ctrl + クリック 追加選択 クリックした項目を追加選択します。
Ctrl + ドラッグ コピーを移動 選択している項目のコピーをドラッグ先に貼り付けます(クリップボードは経由されません)。
Ctrl + Shift + ドラッグ ショートカットを作成 選択している項目のショートカットをドラッグ先に作成します。
F1 ヘルプ ヘルプを表示します。
F2 名前を変更 選択している項目の名前を編集します。
F3 検索 ファイルやフォルダを検索します。
Alt + F4 閉じる アクティブになっているウィンドウを閉じます。
Ctrl + F4 文書を閉じる 複数の文書を1つのウィンドウ内で開けるアプリケーション(MDI)で、アクティブになっている文書を閉じます。
F5 更新 最新の情報に更新します。
F6 操作対象の切替 操作対象を他のものに切り替えます。
F10 メニューの操作 アクティブなウィンドウのメニューを操作対象にします。
Shift + F10 項目メニューの表示 選択している項目を右クリックした時のメニューを表示します。
Tab 次のコントロールへ移動 次のコントロールを入力対象にします。
Shift + Tab 前のコントロールへ移動 前のコントロールを入力対象にします。
Alt + Tab 次のウィンドウへ移動 次のウィンドウをアクティブにします。
Alt + Shift + Tab 前のウィンドウへ移動 前のウィンドウをアクティブにします。
Ctrl + Tab 次の文書(タブ)へ移動 MDIで、次の文書(タブ)をアクティブにします。
Ctrl + Shift + Tab 前の文書(タブ)へ移動 MDIで、前の文書(タブ)をアクティブにします。
Alt + Esc ウィンドウの切替 ウィンドウを開いた順で切り替えます。
Alt + Space システムメニューの表示 ウィンドウの操作を行えるシステムメニューを表示します。
Alt + Enter 項目のプロパティ 選択している項目のプロパティを表示します。
Enter 実行・OK 選択中の項目を実行します(「OK」ボタンと同等)。
Esc キャンセル 進行中の作業や、開いているウィンドウをキャンセルします(「キャンセル」ボタンと同等)。

お気づきになったかもしれませんが、「元に戻す」「切り取り」「コピー」「貼り付け」のショートカットキーである、Ctrlを押しながらZXCVの「ZXCV」は通常のキーボードの場合、左下に並んでいます。これは、ショートカットキーを覚えやすくする為の配慮です。

選択について

一部を「選択」する事で、編集操作をその部分に限定する事ができます。選択されている部分は色が青く反転します。選択は、マウスとキーボードどちらでも行うことができます。

マウスで選択する場合、「ドラッグ」と呼ばれる操作で選択する事ができます。選択したい始めの位置(始点)でマウスの左ボタンを押し下げ、ボタンを押したままマウスを動かし、選択したい終わりの位置(終点)でボタンを離します。

また、一部のコントロールでは、まず始点をクリックし、次にShiftを押しながら終点をクリックすると、始点と終点の間を選択できます。

キーボードで選択する場合、選択したい始めの位置(始点)までキャレット(入力位置を表す縦棒)を動かし、Shiftを押しながら今度は選択したい終わりの位置(終点)までキャレットを移動します。

キャレットは「カーソルキー」「方向キー」と呼ばれるキーで移動できます。

操作例(選択)

インターネットブラウザ(Internet Explorer など)で表示している文章を、メールで送りたい場合を考えてみましょう。

まず、ブラウザで表示している文章の一部を選択してください(「選択について」をご覧下さい)。ブラウザの場合、キャレット(入力位置を表す縦棒)が表示されませんので、キーボードによる選択は行えません。マウスで選択する必要があります。

選択した文章を右クリックして「コピー」を選択するか、Ctrl+C(コピーのショートカットキー)を押してクリップボードにコピーしてください。

次に、メールの作成画面を表示して、メール本文の入力欄をクリックして入力できる状態(アクティブ)にします。そして、右クリックから「貼り付け」を選択するか、Ctrl+V(貼り付けのショートカットキー)を押してクリップボードの文章を貼り付けてください。

以上で、ブラウザからメール作成欄へ文章をコピーする事ができました。

画像の操作 スクリーンショット

クリップボードに入れられるデータにはテキストに限らず、画像や音声なども含むことができます。

PrintScreenキーを押すと、押した瞬間の画面全体のスクリーンショット(画面の画像)をクリップボードに入れる事ができます。この機能は Windows 全体のショートカットキーなので、Windows を利用している時ならいつでも使う事ができます。

また、Alt+PrintScreenを押すと、アクティブ(操作対象)になっているアプリケーションの画面のスクリーンショットだけをクリップボードに入れる事ができます。

操作例(スクリーンショット)

PrintScreenを押して画面全体のスクリーンショットをクリップボードに入れてください。

次に「スタートボタン」→「すべてのプログラム」(プログラム)→「アクセサリ」→「ペイント」を開いてください。ペイントは、画像を編集する為のアプリケーションです。

ペイントのメニューから「編集」→「貼り付け」を選ぶか、Ctrl+V(貼り付けのショートカット)を押すと、コピーしたスクリーンショットをペイントの画面に貼り付ける事ができます。

操作例(リストコントロールの操作)

リストコントロール(リストビュー、リストボックス)は、複数ある項目の中から1つの項目、もしくは複数の項目を選ぶ為のコントロールです(エクスプローラでファイルの一覧が表示されるコントロールも、リストコントロールです)。

複数選択できるリストコントロールでは、ShiftCtrlを押しながら項目をクリックすると、複数の項目を選択することができます。

複数選択できるリストコントロールでは、焼肉定食が選択された状態で、Shiftを押しながらサンドイッチをクリックすると、焼肉定食からサンドイッチまでの項目が選択されます(複数選択できないリストコントロールでは、サンドイッチが選択されるだけです)。

また、焼肉定食だけが選択された状態で、Ctrlを押しながらサンドイッチをクリックすると、サンドイッチが追加選択されます(複数選択できないリストコントロールでは、やはりサンドイッチが選択されるだけです)。

※当店の価格は特段記載がない限り、全て税抜表示です。